Tag Archives: madre

Una telefonata improvvisa

Ieri è stata una giornata lunghetta. Due lezioni alla mattina e la lezione in piscina. L’istruttrice è cambiata e sto “nuotando” con una postura migliore che in passato ma non riesco ancora a cogliere il tempo per respirare. Alla lezione … Continue reading

Posted in Esperienze personali | Tagged , , , , , | Leave a comment

Il codice civile

Anche oggi è stata una lunga giornata con preoccupazioni per la grande pancia che mi sta crescendo. Leggendo il libro sul triathlon un po’ ho un’idea di quello che è meglio mangiare e soprattutto bere. Fin’ora ho cercato di “mettere” … Continue reading

Posted in Esperienze personali | Tagged , , , , , | 1 Comment

In ospedale

Alcuni giorni fa mia madre è stata ricoverata in ospedale. Purtroppo non si tratta dell’età ma della sua malattia che la perseguita da cinque anni e forse anche dalle medicine che ha dovuto prendere. Purtroppo non ho ancora notizie precise … Continue reading

Posted in Esperienze personali | Tagged , , , , , | Leave a comment

Una perdita

Alla mia età, quarantaquattro (come la canzonina dello zecchino d’oro?), capita sempre più spesso di ricevere brutte notizie perché semplicemente è l’età che me le porta. Ovvimante senza cattiveria ma arrivano improvvise e mi prendono impreparati. La vita! Un po’ … Continue reading

Posted in Esperienze personali | Tagged , , | Leave a comment

Due donne forti

Anche loro sono madri, hanno una figlia ciascuna, una di un anno in meno di Elena e una di un anno più vecchia. Entrambi donne di carattere forte che sanno cosa vogliono fare nella vita. Hanno combattuto e continuano a … Continue reading

Posted in Esperienze personali | Tagged , , , | 3 Comments

専業主婦・Casalinga

授業中、文法の練習と会話の展開の中で生徒さんの興味の引くテーマが思わずよく出る。今回はcasalingaだった。ラテン語のcasa「家」の由来だ。日本語だと専業主婦、英語だとhousewife。由来は大事だが、時代とともにこの言葉の概念を微妙に又は大胆に変わったりする。70年代以降、女性運動によって「束縛、強制、牢屋など」の意味が加わったと思う。感情的な要素が入って、社会の中の地位で「下位」にあると思われていた。仕事をしたい女性は社会基盤を狂わせて良い刺激になった。「子供をどうするの?」という質問が自然に出てくる。子供の教育や育ち方、その子供は家族の中の一員として「働いている母親」とともにシフトしてきた。子供は大事な存在であるが女性が仕事をしたい。そこで男性の立場の更新をせざるを得なかった。共働き。その分「子供を作る」か「子供を作らない」はいつまでも女性の決定権範囲にある。裕福な家族だったら専業主婦はありえるがそれ以外が全く考えられないことになっている。それは現在の社会である。ここまで、授業中に出た内容(プラスα)だった。 Casalingaの仕事、またはcasalingaであることの意味を論じてみたが「仕事」と「役割」、この二つの概念を区別するのがなかなか難しくて、最後まで区別ができなかった。「Casalingaとして家族には役に立たない」の発言もあって、「それは違う絶対不可欠だ」の発言もあった。 生徒さんの中に、専業主婦の方は多い。その中でほぼ全ての方は家族のために、家族が好き、家族を思うから頑張っている。自分の役割を果たしている、又は果たした。その中で、自分の役割が自然に更新されて発展していることに気付いた方もたくさんいる。「40代になって、振り返ってみたら道ができていた、それを確認してとても満足した。これから毎日のことを一所懸命したらいいと思った」は友人の一人の言葉。深い。名言にしたいぐらい、考えさせている。 イタリアではmammaはO sole mio、いわゆる家族の太陽、全員は太陽の周りを回っている。家族を暖めて、元気付ける中心的な役割である。それに肉的にも精神的にも強い。 再び、このテーマをクラスで展開してみたい。 Giornata lunghissima ma corta a causa delle poche ore di luce, a differenza dell’estate. A Kyoto ci sono molti turisti che vanno in giro per i templi a vedere le bellissime foglie rosse … Continue reading

Posted in Esperienze personali, Impressioni | Tagged , , , , , | Leave a comment

ベネチャンガラス

金箔入りの大きなお皿だった。生徒さんに声を掛けてみて、それに興味があると言われて、お家まで持っていったら大いに気に入ってくれて買ってもらった。ベネチャンガラスが置けられる家というのは日本ではなかなか少ないと思う。小物のベネチャンガラスは何度も見たことはあったが今回のような大きなお皿はない。洋風のリビングに落ち着いた色でないと合わないかもしれない。使い方を訊いて「お花だったらぴったりだと思う」と言われた。面白そうだ。花を生かして西洋と東洋を調和させる。ありがとうございました。 最近、写真で始めたテーマ:バス停の親子。毎日のバス停送りの数分間の大切な時間を生かして二人の写真を撮り始めた。もちろん待っている人はたくさんいるが、それに構わないで写真を撮っている。以前から気になっていたテーマだったが、なかなか踏み切れずに機会をうかがっていた。きっかけになったのはセルフポートレートだった。自分を撮るセルフポートレートだが、娘に毎朝自分を撮ってもらう。周りの人を巻き込んでみてみたい。 Due giorni un po’ impegnativi ma fruttuosi. Sono riuscito a prendere un appuntamento con un amico italiano che abita a Kobe. Occupatissimo, ci possiamo incontrare una o due volte all’anno. Padre di una bellissima figlia, ama il calcio … Continue reading

Posted in Esperienze personali, Impressioni | Tagged , , , | 4 Comments

Una nuova vita

Appena mi sono svegliato come al solito ho aperto le tende e … ho visto cadere la neve. E dire che ieri c’erano diciassette gradi. In primavera il tempo è proprio capriccioso. Nel pomeriggio dopo una lezione di italiano sono … Continue reading

Posted in Esperienze personali, Impressioni | Tagged , , | Leave a comment